物件売却をお考えの方へ -売却の流れ-

相場を知ろう

不動産の相場は日々変わっていくものです。購入したときの金額とは違う場合も有りますが、まずは自分の物件の適性な金額はどの位なのかを正確に把握することが大切です。

【マンション】
その部屋の方角、階数、居室の使用状況により金額はかなり変動します。
【土地】
土地の面積・地質・道路状況など。
【一戸建】
土地の面積・建物の広さ・築年数など。

弊社では無料で査定サービスを行っております。
お気軽にアキヤマ宅建にご相談ください!

売却価格の決定

査定の結果が出ましたら、担当者が
具体的に説明致します。不動産売却にあたり、
お客様のご希望条件等お聞かせください。

その際、
「購入時の借入金は残っていないか?」
「権利関係はどうなっているのか?」
「買い替えをするのか?」
「どのような形態で売却活動を行うか?」等
ご相談もお気軽にお申し付けください。

媒介契約

媒介契約には3種類の形式があります。どの契約形態をとるか、決定しましょう。

【専属専任媒介契約・専任媒介契約】
1社に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができない契約です。契約を一度結ぶと3ヶ月間有効になります。この間、アキヤマ宅建は売買を行う相手を積極的に捜す努力とその業務処理状況を報告する義務が発生します。
【一般媒介契約】
複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができる契約です。業者は指定流通機構(REINS)への物件登録業務や業務処理状況の報告義務を負いません。

◇1社に依頼しても多くの業者に情報が流れる専属専任・専属媒介契約
1社に仲介を依頼する専任系の媒介契約は流通機構(レインズ)を通して情報が流れるため、複数の業者に依頼するより、効果も大きく、最近では専任系の媒介契約が多くなっています。

POINT

ご案内の日程や引渡しの時期など、購入希望者が出てきたときの
細かい日程等を話し合っておきましょう。

販売活動の開始

弊社は販売活動を下記の方法で行っていきます。

【主な販売活動方法】

  • 不動産流通機構レインズによる同業者への広告
  • 店頭による接客
  • 店頭掲示による広告
  • 新聞折り込みチラシによる広告
  • 投げ込みちらしによる広告
  • インターネットによる広告

契約する

購入者と売却者の条件があったら契約となります。

不動産売買契約に先立ち買主様に、物件の調査資料を基に作成いたしました重要事項説明書を交付し、売買物件についてのご説明を宅地建物取引主任者が行います。
条件交渉で合意に達した事項を盛り込んだ売買契約書を売主さま・買主様双方に交付し、不動産売買契約内容を確認後、双方ご署名ご捺印をいただき、買主様より手付金をお受け取りになりましたら、無事不動産売買契約締結です。

POINT

権利証・印鑑証明書・銀行から残高証明書(抵当権が付いている場合)等色々な書類がございますので、必ず事前に確認してください。

残代金の決済&物件引渡しへ

引渡しの時期は、売主様と買主様の同意の時期となります。
契約前にお客様のご希望に近い形で引渡しの時期をご相談の上、決定します。

【引渡し時期の決定後に行うこと】

  • 抵当権などの抹消登記申請
  • 所有権の移転登記申請手続き
  • 隣地所有者との合意書など、買主への引継ぎ書類の引渡し
  • 建物の鍵を引渡し、物件引渡確認書の受領

不動産の売却において、ご売却物件に売主さまの債務の抵当権が設定されている場合、買主さまよりお受け取りになりました売買代金を返済に充当し、買主さまへの所有権の移転登記と同時に抵当権の抹消登記を行います。

住宅に関することならアキヤマ宅建にお任せください! 来店予約フォームはこちら

有限会社 アキヤマ宅建

  • 〒910-0033
  • 福井県福井市三郎丸1丁目201
  • TEL:0776-24-4778
  • FAX:0776-24-4078
  • 代表取締役 秋山武男